NEWS

2020年4月新製品

SIRUI 2020年4月新製品

50mm f1.8 1.33X アナモルフィックレンズ

SIRUI 50mm f/1.8 1.33xアナモルフィックレンズは、伝統的な50mm APS-Cレンズと比べて、
視野を33%増加させることができ、APS-C 37.5mmレンズの視野を実現します。
ソニーE、富士フイルムXシリーズ、およびマイクロフォーサーズ用のマウントを用意しており、
フォーカスはマニュアルフォーカスになります。
16:9からシネマティック2.4:1ワイドスクリーンビデオを生成します。
SIRUI 50mm f/1.8 1.33xアナモルフィックレンズは、強い光源に対して強烈な横方向のフレアが
発生する特性も備えています。
精密な光学構造と多層ナノコーティングで構築されたレンズは航空機のアルミニウム製ハウジングと
精密な銅製のフォーカス部分でしっかりと構築されコンパクトで堅牢でありながら軽量です。

 

 

 

 

 

 

 

50mm f1.8 1.33X アナモルフィックレンズ >> >>

 

スマートフォン用3軸スタビライザー Swift M1

スマートフォン専用のスタビライザーSwift M1はわずか498gと軽量でありながら、
300g迄のスマートフォンを搭載可能です。
収納の際は2つに折りたたんで、コンパクトな状態で持ち運びが可能です。
Swift M1の手元に、小さなLEDディスプレイが装備されており、モードの表示などが出来ます。
画面の下には、ジョグダイアルと4つのボタン(機能/メニュー/記録/電源)があります。
液晶画面の裏側には、すべての軸をリセットする小さなトリガーボタンがあります。
左側には、ロール軸を調整したり、モードを変更したりするための小さなダイヤルが用意されています。
付属のスタンドを装着すると自立して使用することも出来ます。

 

 

 

 

 

 

Swift M1 >> >>

ミラーレスカメラ用3軸スタビライザー Swift P1

SIRUI Swift P1は、ミラーレスカメラ用の3軸スタビライザーです。
取り外し可能なプレートのおかげで、カメラをスタビライザーからすばやく取り外して
三脚に取り付けることができます。
自重800グラム、最大搭載荷重は900グラムとなっています。
Swift M1と同様、Swift P1には内蔵バッテリーが搭載されており、約9時間持続します。
スイッチを入れると、スマートフォンへのBluetooth接続が自動的に確立されるため、
ジンバルでSIRUI Swiftアプリを使用する事が出来ます。
アプリには数独モード、ビューティーフィルター、その他の機能が統合されており、
多数な記録シーンを簡単に記録する事ができます。

 

 

 

 

 

 

Swift P1 >> >>

スマートフォン用自撮り棒&自立三脚 MS-01K

SIRUI MS-01K Umbrella Tripodは、簡単に持ち運びは可能で、自撮り棒と三脚を
すばやく切り替えることができ、
最大10mの距離で撮影できる取り外し可能なBluetoothリモコンを備えています。

スマートフォンや小型カメラ用のコンパクトなテーブル三脚 3T-05PH

3T-05PHミニ三脚はコンパクトで非常に安定しており、重い負荷に耐えることができます。
スマートホンやコンパクトカメラに加えて、中型のシステムカメラも簡単に持ち運びでき、
常に良い体型を切り取ります。
アクションカメラやビデオで使用する場合、三脚を折りたたんでハンドルとして使用できます。
ボールヘッドはすべての方向に傾けることができ、90°の縦のノッチがあります。
三脚とヘッドはプラスチック製で、ボール自体はアルミニウム製です。
付属のBluetoothリモコンで撮影可能です。

安定した縦位置撮影ができるLブラケット

 

TY-110L 汎用
TY-110LBG 汎用(バッテリーグリップ付き)
TY-5DIVLBG キヤノン EOS 5D MarkⅣ 用
TY-RL  キヤノン EOS R 用
TY-Z6L  ニコン Z6/Z7 用